「セレノシステイン」の版間の差分

m
リンクの追加
m (ボット: 言語間リンク 21 件をウィキデータ上の d:Q408663 に転記)
m (リンクの追加)
他のアミノ酸と同じくセレノシステインに対しては特有の [[運搬RNA|tRNA]] がある。しかしセレノシステインtRNA (tRNA(Sec)) の一次・二次構造は標準的な tRNA といくつかの点で異なり、特に8塩基対(細菌)または9塩基対(真核生物)からなる acceptor stem、長い variable region arm、また他の tRNA ではよく保存されているいくつかの塩基における置換がある。
 
tRNA(Sec) は、まずセリルtRNA合成酵素によって[[セリン]]と結合されるが、これによってできる Ser-tRNA(Sec) は普通の翻訳伸長因子(細菌の [[EF-Tu]]、真核生物の EF1α)に認識されないため、翻訳に用いられない。その代わり tRNA に結合したセリン残基はセレノシステイン合成酵素([[ピリドキサールリン酸]]を含む酵素)によってセレノシステイン残基に変換される。最後にこうしてできた Sec-tRNA(Sec) は特殊型の翻訳伸長因子(SelB または mSelB)に特異的に結合し、これはセレノプロテインの mRNA を翻訳中の[[リボソーム]]を標的にして Sec-tRNA(Sec) を送り込む。この輸送は、セレノプロテイン mRNA内の SecIS のつくる RNA二次構造に結合するタンパク質中の特別のドメイン(細菌の SelB)、または、特別のサブユニット(真核生物mSelB の SBP-2)によって行われる。
 
== 関連項目 ==
2,669

回編集