「篠原長重 (前田家臣)」の版間の差分

編集の要約なし
m
| 藩 =
| 氏族 = [[篠原氏]]
| 父母 = 父:[[篠原一計]]<br>母:竹野氏?
| 兄弟 = '''長重'''、[[芳春院|まつ]]([[前田利家]]正室)
| 妻 = 前田家侍女
長重は、[[尾張国]][[荒子]]で[[前田利家]]の家臣となり、[[知行]]七百石を受けている。元来、[[前田氏]]と篠原氏は、姻戚関係<ref>『芳春夫人小伝』近藤磐雄、1917年、p.11。</ref>にあり、利家とまつの最も身近に伺候していた。
 
[[篠原一孝|勘六一孝]](出自、実家は[[青木氏]]、利家の命で養子とる。利家とまつの間に生まれた利家の七女、千世([[春香院]])は、双子で生まれたので、利家、まつと相談の上、長重が密かに引き取り、十五、六歳になるまで養育<ref>(篠原家伝承)、及び「重輯雑談」『加賀藩史料 第一編』石黒文吉、1929–1942年。</ref>した。また、まつの知らないところで利家の子を身ごもった侍女を「男子が生まれれば、前田家の将来の火種になる懸念もある」とのことから、まつ了承の上、利家に願いでて妻として迎え、篠原家で生まれたのが第二の養子・[[篠原長次|織部長次]]<ref>(篠原家伝承)、及び「第十一巻 列伝第九 篠原長次」『加賀藩史稿 六』永山近彰、1899年。</ref>であり、利家がまつ以外の女性の間に最初に設けた男子<ref>事実上、利家の三男。</ref>である。長次が生まれたことで、利家の命により一孝は別家となり、長次が「篠原本家」を継承することになる。
 
[[天正]]12年([[1584年]])の[[末森城の戦い]]の際には、[[金沢城]]で留守をし、主君・利家が情勢を知りたいために家臣を金沢城にやり報告を求められるとこれに適切な答えをし、利家を喜ばせている。前田家が成長していく過程での戦功は言うまでもなく、利家やまつ、藩の秘事にも携わり、[[慶長]]2年([[1597年]])、京都にて没した。[[東山光大禅寺]]で葬儀が執り行われている。[[野田山墓地]]には、[[宝永]]元年([[1704年]])に建てられた、背後に篠原本家三代にわたる係累に関して千五百字程の文字が刻まれた[[戸室石]]の供養碑、「篠原弥助長重 千字碑」が存在する。