メインメニューを開く

差分

=== 日本における地方名 ===
江戸時代以降、米の収穫に不利な山間・寒冷地での栽培が広まったことから、地方名や地方品種も多い。
*{{要出典範囲|date= 2018-12-16|「きんかいも」- きんかとは金柑転じて禿げのこと。}}
* 「にどいも(二度芋)」「さんどいも(三度芋)」- 1年に2回ないし3回収穫できることから<ref>『南信州・上村 遠山谷の民俗』(長野県下伊那郡上村民俗誌刊行会編)</ref>。
* {{要出典範囲|date= 2018-12-16|「南京イモ」}}
* {{要出典範囲|date= 2018-12-16|「五升芋」「五斗芋」「ごしょいも」- 収穫量の多さから}}
* {{要出典範囲|date= 2018-12-16|「さんとく(三得)」「じょうしゅういも([[上野国|上州]]芋)」}}
* 「カブタイモ」「ジャガタライモ」「サントク」<ref>佐久市志編纂委員会編纂『佐久市志 民俗編 下』佐久市志刊行会、1990年、1388ページ。</ref>
* 「お助けイモ」- 飢饉の際にジャガイモ活用を勧めた代官の名を取って<ref name="gifu">『岐阜県史』</ref>。
* {{要出典範囲|date= 2018-12-16|「善太夫芋」- 1748年に[[信濃国|信州]]より種芋を移入した[[飛騨国|飛騨]]の代官、幸田善太夫に因む。}}
* 「清太夫芋」(せいだゆういも、せいだいも)- 18世紀にジャガイモの普及に尽力した[[甲斐国|甲州]]の代官、[[中井清太夫]]に因む<ref>[http://www.rieb.kobe-u.ac.jp/academic/newsletter/column/pdf/column119.pdf 中井清太夫という男 [[神戸大学]] 経営研究所 高槻泰郎 2012年10月号]</ref>。福島県や埼玉県、愛知県ではジャガイモを「甲州いも」と呼ぶこともある<ref>[https://www.nikkei.com/article/DGKKZO23936540X21C17A1NZ1P00/ 【食ナビ】山梨名物せいだのたまじ/小粒ジャガイモ甘辛く]『日本経済新聞』夕刊2017年11月28日</ref>。
* 「治助イモ」 - 東京都[[奥多摩町]]の特産<ref>[http://www.town.okutama.tokyo.jp/sangyo/nogyo/tokusanbutsu/jisukeimo.html 治助イモ]奥多摩町ホームページ(2018年4月23日閲覧)</ref>。
* 「アップラ」「アンプラ」「カンプラ」- [[オランダ語]]の''aardappel''(大地のりんご)に由来する呼称も存在する<ref name="hogen"/>。
* {{要出典範囲|date= 2018-12-16|「イモ」「エモ」- [[アイヌ語]]。日本語の「いも」が由来。「五升芋」が訛った「コソイミ」という呼称もある。}}
 
== 歴史 ==
5,793

回編集