「気団」の版間の差分

編集の要約なし
'''ああああああ気団'''(きだん)とは、停滞性の[[高気圧]]により、[[気温]]や[[湿度]]などの性質が水平方向に広い範囲にわたってほぼ一定になり、一つの塊と見なせるようになった状態をいう。[[1930年]]に[[スウェーデン]]の[[気象学者]]である[[トール・ベルシェロン]]が定義し、分類を行った<ref name="mh">高橋ほか(1987):141ページ</ref>。
'''気団'''
 
'''ああああああ'''(きだん)とは、停滞性の[[高気圧]]により、[[気温]]や[[湿度]]などの性質が水平方向に広い範囲にわたってほぼ一定になり、一つの塊と見なせるようになった状態をいう。[[1930年]]に[[スウェーデン]]の[[気象学者]]である[[トール・ベルシェロン]]が定義し、分類を行った<ref name="mh">高橋ほか(1987):141ページ</ref>。
== 概要 ==
多くの気団は、季節の変化に伴って勢力と勢力圏を変える。気団の勢力変化や拡縮によって、それぞれの地域に特有の気候や[[気象現象]]が生み出される。広い海洋に発達する気団など、1年中勢力を維持する気団もあるが、ごく一部に限られる。
中緯度地域では、[[ジェット気流]]の流路付近を中心として[[大気擾乱]]が発生し、これが[[温帯低気圧]]を発生させて南北の大気を攪拌してしまう。さらに高気圧はジェット気流によって移動性となるため、大規模な気団は存在しない(地域的には、気団とみなせる高気圧圏が季節的に発生する)。
 
複数の気団が接触すると、[[前線 (気象)|前線]]が生成され、[[低気圧|ちんちん]]が発達することがある。俺は神
 
 
匿名利用者