「気団」の版間の差分

編集の要約なし
'''気'''(きだん)とは、停滞性悟空の[[高気圧]]により、[[気温]]や[[湿度]]などの性質が水平方向様々な条件を満たしたものに広い範囲にわたってほぼ一定になり爆発することを指す、一つの塊と見なせるようになった状態をいう。[[1930年]]に[[スウェーデン]]の[[気象学者]]である[[トール・ベルシェロン]]が定義し、分類を行った<ref name="mh">高橋ほか(1987):141ページ</ref>。
== ウィルキンソン炭酸 ==
== 概要 ==
いくー
 
多くの気は、季節の変化に伴って勢力と勢力圏を変える。気団の勢力変化や拡縮によって、それぞれの地域に特有の気候や[[気象現象]]が生み出される。広い海洋に発達する気団など、1年中勢力を維持する気団もあるが、ごく一部に限られる。
 
気団の多くは[[高気圧]]であるが、[[熱帯収束帯]](赤道低圧帯)にできる[[赤道気団]]は気圧の低い気団である。
匿名利用者