メインメニューを開く

差分

歴史の節、出典不明な独自研究と思われるものやら、GAの登場年代を1960年代としているやら、ムチャクチャである気配があるからコメントアウトします
進化的計算は、[[人口]]増加のような反復的過程を用いる。その人口は目的の結果に合うように誘導された[[ランダム]]かつ並列的な探索によって[[人為選択]]される。このような過程は、[[進化]]の生物学的機構にヒントを得ている。
 
<!--
== 歴史 ==
1950年代、コンピュータが広く使われる以前に、[[ダーウィニズム]]の原理を自動問題解決に使うという発想が生まれた。[[1960年代]]、この考え方の具体化が3つの場所で独立に行われた。
 
[[アメリカ合衆国]]では、[[ローレンス・J・フォーゲル]]が[[進化的プログラミング]]を提唱した。また、[[ジョン・H・ホランド]]が[[遺伝的アルゴリズム]]と呼ばれる技法を生み出した。[[ドイツ]]では Ingo Rechenberg と Hans-Paul Schwefel が[[進化戦略]]を提唱した。これらは約15年間、独立して研究が進められた。[[1990年代]]初め、これらが1つの技術を表していることが明らかとなり、総称して進化的計算と呼ばれるようになった。また、同じころ第四の技法として[[遺伝的プログラミング]]が登場した。
--><!--
「ダーウィニズムの原理を自動問題解決に使うという発想」 ← 誰が発想して何という文献に書いているのか?
「1960年代……3つの場所で独立に……[[遺伝的アルゴリズム]]と呼ばれる技法を生み出した。」 ← GAは1970年代ですが?
 
以上2点、明確に問題点ですので、それが直せない限り戻さないでください。
-->
 
== 技法 ==
20,627

回編集