「カール・ムック」の版間の差分

(テンプレートから没地を消す意図が不明)
 
== 経歴 ==
[[ダルムシュタット]]の音楽一家に生まれる。当初は[[歴史学]]を専攻し、[[1880年]]に[[ルプレヒト・カール大学ハイデルベルク|ハイデルベルク大学]]で博士号を取得するが、のちに[[フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ音楽演劇大学ライプツィヒ|ライプツィヒ音楽院]]に学び、[[ゲヴァントハウス管弦楽団]]のソリストとして音楽家に転身する。以降、[[チューリヒ歌劇場]]の合唱指揮者を皮切りに、[[第一次世界大戦]]前の一時期を除き、主にドイツ・[[オーストリア]]圏で活躍し、またアメリカでは[[ボストン交響楽団]]の常任指揮者を務めた。とくに[[リヒャルト・ワーグナー]]の権威として名を上げ、[[1901年]]から、主宰者[[ヴィニフレート・ワーグナー]]と訣別する[[1930年]]までのおよそ30年にわたって[[バイロイト音楽祭]]に客演し、『[[パルジファル]]』の上演に携わった。[[スパイ]]活動を疑われて1918年に逮捕され、戦後アメリカから追放された<ref>[https://www.aozora.gr.jp/cards/000788/files/54343_58389.html お蝶夫人][[三浦環]]、右文社、1947(昭和22)年5月10日</ref>。[[シュトゥットガルト]]にて没。
 
== 評価 ==