「Mr.バッド・ガイ」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
{{Infobox Album |
 Name   | Name =ミスター・ Mr.バッド・ガイ
| Type = [[スタジオ・アルバム]]
| Artist = [[フレディ・マーキュリー]]
| Released = [[1985年]][[4月29日]]
| Recorded =
| Genre = [[ロック (音楽)|ロック]]<br />[[ポピュラー音楽|ポップス]]<br />[[テクノポップ]]
| Length = 40分41秒
| Label = [[コロムビア・レコード]]
| Producer = Reinhold Mack<br /> [[フレディ・マーキュリー|Freddie Mercury]]
| Reviews = *[[オールミュージック|Allmusic]] {{Rating-5|4.5}} [http://www.allmusic.com/album/mr-bad-guy-mw0000190912 link]
| Chart position = *6位(イギリス<ref>[http://chartarchive.org/a/freddie+mercury ChartArchive - Freddie Mercury]</ref>)
| This album = '''ミスター・バッド・ガイ'''<br />([[1985年]])
| Next album = [[バルセロナ (フレディ・マーキュリーとモンセラート・カバリエのアルバム)|バルセロナ]]<br />([[1988年]])
| Misc = {{Singles
| Name = Mr.バッド・ガイ
| Type = スタジオ・アルバム
| Single 1 = [[ボーン・トゥ・ラヴ・ユー]]
| Single 1 date = 1985年4月9日
| Single 2 = [[:en:Made in Heaven (song)|メイド・イン・ヘヴン]]
| Single 2 date = 1985年7月1日
| Single 3 = [[:en:Living on My Own|リヴィング・オン・マイ・オウン]]
| Single 3 date = 1985年9月2日
| Single 4 = [[:en:Love Me Like There's No Tomorrow|明日なき愛]]
| Single 4 date = 1985年11月18日
}}
}}
 
『'''ミスター・バッド・ガイ'''』 (''Mr. Bad Guy'') は、[[イギリス]]の[[ロックバンド]]・[[クイーン (バンド)|クイーン]]のボーカリスト、[[フレディ・マーキュリー]]が[[1985年]]に発表したアルバム。
 
== 解説 ==
フレディにとって初のソロ・アルバム。全英6位に達し、シングル「[[アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ラヴ・ユー]]」も全英11位のヒットとなる。日本では、本作発表当時、「アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」が[[ノエビア]]の[[コマーシャルソング|CMソング]]に起用された<ref>[http://www.cdjournal.com/main/research/research.php?rno=388 昔のノエビアのCM曲-CDJournal.com リサーチ-]</ref>。
 
当初、このアルバムの名は『[[メイド・イン・ヘヴン]]』としてリリースされる予定であったが、リリース直前になりフレディが名前を変えたいと言い、『ミスター・バッド・ガイ』になった。後に「メイド・イン・ヘヴン」の名はクイーン名義のアルバムに使われた。<ref>「Freddie Mercury Solo」付属の歌詞カードより</ref>
フレディの死後の[[1993年]]、「リヴィング・オン・マイ・オウン」のリミックス・ヴァージョンがシングルとして発表され、全英1位を獲得。「メイド・イン・ヘヴン」「アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」は、クイーン名義のアルバム『[[メイド・イン・ヘヴン]]』([[1995年]])に、本作のヴォーカル・トラックにクイーンの演奏をつけたヴァージョンが収録された。
 
== プロモーションビデオ ==
== 収録曲  ==
「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」のPVは、後のクイーンバージョンにもつかわれた。
 
== 収録曲  ==
全曲フレディ・マーキュリー作。
 
Side 1
#'''レッツ・ターン・イット・オン''' - ''Let's Turn It On''(3:42)
#'''メイド・イン・ヘヴン''' - ''[[:en:Made in Heaven (song)|Made in Heaven]]''(4:05)
#'''[[ボーン・トゥ・ラヴ・ユー]]''' - ''I Was Born to Love You''(3:39)
#'''フーリン・アラウンド''' - ''Foolin' Around''(3:29)
#'''男のパラダイス''' - ''Man Made Paradise''(4:09)
#'''[[生命の証]]''' - ''There Must Be More to Life Than This''(2:59)
#'''[[リヴィング・オン・マイ・オウン]]''' - ''[[:en:Living on My Own|Living on My Own]]''(3:23)
#'''マイ・ラヴ・イズ・デンジャラス''' - ''My Love Is Dangerous''(3:41)
#'''明日なき愛''' - ''[[:en:Love Me Like There's No Tomorrow|Love Me Like There's No Tomorrow]]''(3:47)
 
※CDのみのボーナストラックとして「レッツ・ターン・イット・オン」「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」「リヴィング・オン・マイ・オウン」の12インチミックスが収録されていた。
 
== プロモ参加ミュビデオ ==
* [[フレディ・マーキュリー|Freddie Mercury]] – [[ボーカル|Vocals]], [[ピアノ|Piano]], [[シンセサイザー|Synthesizer]]
「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」のPVは、後のクイーンバージョンにもつかわれた。
* [[:en:Fred Mandel|Fred Mandel]] – additional piano, Synthesizer, [[ギター|Guitar]]
* Paul Vincent – [[リードギター|Lead Guitar]]
* [[:en:Curt Cress|Curt Cress]] – [[ドラムセット|Drums]]
* Stephan Wissnet – [[エレクトリックベース|Bass Guitar]]
* [[:en:Jo Burt|Jo Burt]] – Bass Guitar on "Man Made Paradise"
* [[:en:Reinhold Mack|Mack]] and Stephan Wissnet – [[ミュージックシーケンサー|Programming]]
 
== 脚注 ==
6,847

回編集