「トニー・ベネット」の版間の差分

m
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m
 
プロの歌手になる前には商業[[イラストレーター]]として生計を立てていたこともあって画才に優れ、余技ながら[[画家]]としてもたびたび個展を開いている。その腕前は彼のCDのブックレットにも活かされており、アルバムで共演経験もあるピアニスト、[[ビル・エヴァンス]]のライブアルバムのジャケットにもベネットのペンによる肖像画が使われている。
== ヒット・ナンバー ==
<ref>Pop memories; 1890-1954, by Joel Whitburn, Record Research, c1986, p. 51, ISBN: 0-89820-083-0</ref>
<ref>Top pop singles; 1955-2012, by Joel Whitburn, Record Research, c2013, p. 74, ISBN: 978-0-8982020-5-2</ref>
 
*"Because of you"(1951)全米第1位
*"Cold cold heart"(1951)全米第1位
*"Rag to riches"(1953)全米第1位
*"Stranger in paradise"(1953)全米第2位
*"There'll be no teardrops tonight"(1954)全米7位
*"Cinnamon sinner"(1954)全米8位
*"In the middle of an island"(1957)全米9位
*"I left my heart in San Francisco"「霧のサンフランシスコ」(1962)全米19位 グラミー賞"Record of the year""Pop male Vocal"受賞
*"I wanna be around"(1963)全米14位
*"Good life"(1963)全米18位
*"Who can I turn to"(1964)全米33位
*"If I ruled the world"(1965)全米34位
== 主要なアルバム ==
*"In person(with the Count Basie Orchestra)1959
*"Strike up the band"(with the count Basie Orchestra)
*"I left my heart in San Francisco"(1962)プラチナ・ディスク
*"Tony Bennett at Carnegie Hall"(1962)
*"I wanna be around"(1963)
*"This ia all I ask"(1963)
*"Many moods of Tony Bennett"(1964)
*"When lights are low"(1964)
*"Who can I turn to"(1964)
*"If I ruled the world"(1965)
*"Tony's greatest hits, vol. 3(1965)ゴールド・ディスク
*"Movie song album"(1966)
*"Snowfall"(1968)ゴールド・ディスク
*"Tony Bennett sings his all time fame of hall hits(1970)ゴールド・ディスク
*"Love story"(1971)
*"Tony Bennett's all time greatest hits(1972)ゴールド・ディスク
*"Tony Bennett/Bill Evans album"(1975)
*"16 most requested songs(1986)ゴールド・ディスク
*"Perfectly Frank"(1992)ゴールド・ディスク
*"Steppin' out(1993)ゴールド・ディスク
*"A wonderful world"(2002)ゴールド・ディスク
*"Essential Tony Bennett(2002)ゴールド・ディスク
*"Duets; an American classic"(2006)プラチナ・ディスク
*"Duets, 2"(2011)プラチナ・ディスク
*"Cheek to cheek" with Lady Gaga(2014)ゴールド・ディスク
 
*"Get happy with the London Philharmonic orchestra(1969)
*"MTV; unplugged(1994)プラチナ・ディスク
*"
== 日本公演 ==
*[[1989年]]
438

回編集