「バルジ大作戦」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎戦車の歌(パンツァー・リート): 助詞の誤用を修整しました。)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
* 当時のスペイン陸軍の装備を借りてロケしたため、登場する戦車等は実際のドイツ軍とは著しく違うものの、台数が(ソ連の映画『[[ヨーロッパの解放]]』程ではないが)非常に多く、最後の戦車部隊同士の決戦は見もの(ドイツの[[ティーガーII]]戦車の役は[[M47パットン|M47パットン戦車]]、アメリカの[[M4中戦車]]の役は[[M24軽戦車]]が務めた)。
* 雪の中の戦いであったはずが撮影地がスペインだったため、後半は砂漠の様な地形(おそらくスペイン軍の演習地)になってしまっている。実際の戦史とはかけ離れているフィクションも多く、隠居生活を送っていたアイゼンハワー元大統領が公式に抗議声明を出したほどである。
* この戦いで偶発的に発生した事件である『マルメディの虐殺』が計画的犯行のように描かれている。[[マルメディ虐殺事件]]参照 
*連合軍将校で戦友を演じるフォンダとブロンソンは3年後 、セルジオ・レオーネ監督の西部劇『ウエスタン』では敵対関係で再共演を果たしている。
 
== 戦車の歌(パンツァー・リート) ==
249

回編集