「投影図」の版間の差分

m
{{節stub}}を{{節スタブ}}に変更 using AWB
m ({{節stub}}を{{節スタブ}}に変更 using AWB)
==== 軸測投影 ====
最もよく使われるのは「等角投影法」「アイソメトリック投影法」とも呼ばれる等軸測投影である。正投影と異なり、対象物を斜めから見た図となる。座標の2軸が30゜の傾きで描かれ、各辺は実寸で作図されるため、寸法出しに都合がよいが、奥行きも実寸となるため、実際の見た目より大きく描かれることになる。(→[[等角図]])
{{節stubスタブ}}
 
==== 斜投影 ====
[[File:立方体のキャビネット図.svg|thumb|立方体をキャビネット図で描いた例。]]
斜投影の代表は「キャビネット投影法」である。正面図を等比率で同じ形のまま縮小し、奥行きは45゜の角度で2分の1の縮尺で描く。なお、奥行きを実寸で作図するものを「カバリエ投影法」(キャバリエ投影法)という。
{{節stubスタブ}}
 
== 関連項目 ==
14,985

回編集