「列石」の版間の差分

m
 
 
==概要==
日本では[[縄文時代]]中期から晩期の遺跡で多く見られる。全体の形はさまざまあり、その性格も多岐にわたると考えられる。列石のうち、石が輪のかたち(ドーナツ状)に巡るものをとくに'''環状列石'''と呼ぶ。
 
環状列石をともなう著名な遺跡には、[[秋田県]][[鹿角市]]の[[大湯環状列石]]や[[青森県]][[青森市]]の[[小牧野遺跡]]、秋田県[[北秋田市]]の[[伊勢堂岱遺跡]]がある。いずれも縄文時代後期の遺跡である。
14,744

回編集