「日本国憲法第22条」の版間の差分

編集の要約なし
(読みを追加・文言修正)
;第二十二条
:何人も、[[公共の福祉]]に反しない限り、[[居住]]、移転及び職業選択の自由を有する。
:何人も、外国に[[移住]]し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。
</blockquote>
 
== 解説 ==
=== 営業の自由 ===
特定の[[職業]]を営む自由を[[営業の自由]]という。日本国憲法にはこれを保障する直接の規定はないが、[[職業選択の自由]]を保障しても営業の自由を認めなければ、職業選択の自由の保障が無に帰することを理由として、営業の自由は憲法第22条により保障されると解するのが通説である。
 
== 沿革 ==