「東海東山方言」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎比較表: ありますよ)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
文法は遷移的で、日本語の東西方言の要素の境界線がいくつも走っている。主なものをあげると、打ち消し「ん/ない」(親不知-長野県南部-大井川)、命令形「よ/ろ」(糸魚川-長野県南部-静岡県中部)、「おる/いる」(親不知-長野県南部-浜名湖)、形容詞連用形「ウ音便/-く」(糸魚川-長野岐阜県境-西三河)、断定「じゃ・や/だ」(親不知-長野岐阜県境-岐阜愛知県境)などがある。ただし山梨県[[国中地方]]は打ち消し「ん」。[[愛知県]]北西部は断定は「じゃ・や」もあり、[[岐阜県]]南東部は「だ」である。[[越後平野]]には形容詞連用形のウ音便がある他、岐阜・愛知には分布しないワ行五段動詞のウ音便がある<ref name="bunpogaisetu"/><ref>東条(1953)、10頁。</ref>。
 
畿内からの流入経路によって[[ギア方言]]-[[長野・山梨・静岡方言|ナヤシ方言]](意志の「ず」、推量の「ずら、ら、だら、だらず」等)と、[[北陸方言]]-[[越後方言]]-[[北奥羽方言]](意志「う」、推量「だろう」、理由「さかい」系(「すけ」等)など)に分けられる要素もある。前者は陸路、後者は日本海路からの流入であり、経路が異なるため、文法面で越後方言は北陸-北奥羽と同じ流れにあり、ギア方言、ナヤシ方言との関連性は低い。[[平山輝男]]による方言区画では、新潟県は東海東山方言に入らず、越後方言が独立した区画となっている。
 
==比較表==