「郡内弁」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[東京都]][[多摩地域]]や[[神奈川県]][[相模原市]]周辺との交流が多かったために、これらの地域の方言と似た特徴を持ち、特に神奈川県旧[[津久井郡]]西部の方言と共通し合っている。
 
同じ山梨県内の[[国中地方]]で話される[[甲州弁]]が[[東海東山方言]]の[[長野・山梨・静岡方言|ナヤシ方言]]に分類されるのに対し、郡内弁は[[西関東方言]]に分類されることが多く、推量・意志・勧誘の助動詞に「…べー」が用いられる。ただし、ナヤシ方言の特徴である推量の助動詞「…ずら」「…ら」も用いられる<ref>[http://www2.ninjal.ac.jp/hogen/dp/gaj-pdf/gaj-pdf_index.html]</ref>。
 
郡内弁の発音の特徴としては、連母音「アイ」の拗音化が挙げられ、例えば「行かない」は「行かにゃー」のようになる。