「西越方言」の版間の差分

編集の要約なし
 
==文法==
概ね[[東日本方言]]の特徴を備えるが、否定で「…ん」を用いる点など西日本的な部分もある。ただし中越方言や[[下越方言]]のようなウ音便はない。糸魚川方言では全国でも珍しいワ行四段動詞のア音便(カアタ=買った)がみられる(他では[[山陰方言|山陰]]でしかみられない)。推量、勧誘、意思は「…う」で統一されており、[[長野・山梨・静岡方言|ナヤシ方言]]でみられるような「…ずら」や[[東北方言]]、[[関東方言]]に特徴的な「…べー」は上越には存在しない。
 
==参考==