「山陰方言」の版間の差分

編集の要約なし
:*ワ行五段動詞の連用形は、「思った」「洗った」のように促音便を用いる。(「買う」「会う」など数語はウ音便も使うが、アウ→アーの変化のある地域では「買あた」「会あた」のような形を用いる。)
:**同様の特徴として「~てしまった」は「~てしまった、~ちまった、~ちゃった」を用いる(「~てしもーた」とは言わない)。
:*標準語における意志・勧誘の助動詞「う」は「あ」となる。(例)「行かあと思う」[[三河弁]]にもこの形がある。<!--雲伯方言では未然中止もあり 例)「行かと思う」 似た言い方は[[長野・山梨・静岡方言|ナヤシ方言]]にも見られる。|長音を縮めただけでは?-->また推量は「~だら(あ)」で、これも三河弁と共通する。例)「明日は雨だらあ」。出雲に推量の「~だら(あ)じ」がわずかに見られ、東海東山方言の一部でも同類の表現「~だらず、~じゃらず、~であらず」などがある。
::*これは推量、意思の古語「~むず」に由来し「~にてあらむず」→「~であらんず、~であらうず」→「~だら(あ)ず」と変化したようである。出雲ではズとジの区別がない(どちらもジに近い発音)ため、「~だら(あ)じ」となる。
::*また推量の「~だらあ」は「~だらあず」(「むず」起源)がさらに変化したという説と、「~であらむ(~だらう)」(「む」起源)から変化したという説があり、同様に「行かあ」も「いかむず→いかんず→いかあず→いかあ」と「いかむ(いかう)→いかあ」という二つの説がある。山陰については後者(「む」起源、「アウ→アー」の変化)で説明可能だが、出雲に「~だら(あ)じ」がわずかに見られる<ref>[http://www2.ninjal.ac.jp/hogen/dp/gaj-pdf/gaj-map-legend/vol5/GAJ5-239.pdf]</ref><ref>[http://www2.ninjal.ac.jp/hogen/dp/gaj-pdf/gaj-map-legend/vol5/GAJ5-238.pdf]</ref>ことから、かつては山陰全域にわたって「むず」が分布していた可能性がある。また東海地方にかつて「アウ→アー」の変化があった可能性もある。
:*「借りる」は東山陰方言では「かれる」、雲伯方言では「かりる」という。(他の西日本は「かる」)
:*[[準体助詞]]を用いず直接「だ」が着くことがある。例)言っとるだ(言っているんだ)、どこ行くだあ?(どこへ行くのか?)。これは[[ナヤシ方言]]や[[三河弁]]と共通する。(他の西日本方言では準体動詞「ん」を伴うことが多い。例)どこ行くん?(どこへ行くのか?))
 
断定の助動詞が「である」から「だ」になったり、ワ行五段動詞連用形に促音便を用いたりすることは、東日本方言と共通する子音優勢の傾向が反映しているという<ref>佐藤武義『概説日本語の歴史』朝倉書店、1995年、249頁。</ref>。