「絶対連続」の版間の差分

== 例 ==
以下に各点で連続だが絶対連続ではない関数の例を挙げる。
* [[悪魔の階段]]カントール関数]]
* 次の式で定義される関数 {{mvar|f}}
::<math>f(x)=\begin{cases} 0 &(x=0) \\ x \sin (1/x) &(x \neq 0)\end{cases}</math>
匿名利用者