「コブラ (架空の人物)」の版間の差分

編集の要約なし
m (旋条痕→施条痕)
 
無用な殺人を嫌い、生業である海賊稼業に関しても「殺人はせずスマートにやりたい」と自らの信条を口にしており、信条を曲げずに仕事をすることがどうしても無理であると判断すれば、どのような宝が目の前にあろうとあっさり諦める。その一方で悪党相手や自衛のためなら殺人もいとわず、特に激怒した時や血も涙もない悪党に対しては「地獄が寝ぐら、悪魔が友の、本物の殺人者」の顔を見せて一切容赦しない。
 
“海賊”と一応呼ばれているが、本業は窃盗犯で、厳密には[[宇宙海賊]]ではない。しかも標的は“高嶺の花”である財宝や希少品の美術品に限られており、難攻不落の厳重な警備を己の才覚と装備のみで潜り抜け、盗み取ることに生き甲斐を見出している。またその標的が実は[[古代火星文明]]の遺物であり[[海賊ギルド]]にも宇宙征服の手段として狙われていると知った場合、「銀河パトロールよりも嫌いなギルド」のその野望を阻止するために所有者と共闘することもある。“自分までも死にたくないから戦うだけ”であり、結果的に銀河系宇宙全員を救うことになるのは自身にとっては“行き掛けの駄賃”に過ぎない。典型的[[義賊]]である。
 
一匹狼ながら義理や友情を重んじる。かなりの女好きで手も早く、相手は概ね20代ほどのグラマーな地球人の美女に限定される。「守備範囲」ではない[[醜女]]、年輩の女性、未成年者、そして地球人型以外の女性には手をつけない。
匿名利用者