「絶対連続」の版間の差分

 
 
=== ルベーグの分解定理 ===
{{main|ルベーグの分解定理}}
ルベーグの分解定理によれば、ユークリッド空間上の任意の測度はルベーグ測度に対して絶対連続な測度と特異測度との和に分解できる。<!-- See [[singular measure]] for examples of non-(absolutely continuous) measures. -->
 
匿名利用者