「秩父宮雍仁親王」の版間の差分

誤字訂正
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(誤字訂正)
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 iOSアプリ編集
 
== 皇位継承順位第1位 ==
[[1926年]](昭和元大正15年)[[12月25日]]の[[昭和天皇]][[践祚]]から1933年(昭和8年)12月23日に[[明仁|継宮明仁親王]](現:今上天皇)が誕生するまでの約7年余りの間、秩父宮は[[皇位継承順位]]第1位([[推定相続人]])であり、筆頭[[直宮家]]でもあった。天皇が25歳・[[香淳皇后|皇后]]が23歳とまだ若く、後継の[[皇子]]が生まれる可能性があったため、[[皇太子]]や皇太弟には冊立されていない。
 
[[皇室典範 (1889年)|皇室典範]]制定から現在まで、継承順位1位で皇太子・天皇に即位しなかった唯一の人物である。また、明治以降で初めての皇弟である。