メインメニューを開く

差分

== 背景 ==
=== 公募団体主導の構想 ===
この美術館の構想はそもそも、[[日展|社団法人日展]]ほか大きな美術団体の[[公募展]]が[[東京都]]が所有権を持つ[[東京都美術館]]の使用を占めており、東京都民が入り込む公募展を開催する余地がなかったこと、および[[日本]]全国規模の公募展が開催可能な国立施設の必要性が求められたことが発端となっている{{Sfn|保科2008|page=4}}。
 
その後、美術家や公募団体が[[文化庁]]や政党、各地方の国会議員に働きかけた結果、[[1995年]]以降、各公募団体の代表作家たちや[[美術評論家]]を中心に、国立の新美術展示場建設構想の調査がはじまる<ref>[http://art-v.jp/tenpyo/webtenpyo/fujita/fuji-1.html 国立新美術館とは何か? (美術ジャーナリスト:藤田一人)]</ref>。場所は六本木の[[東京大学]][[東京大学生産技術研究所|生産技術研究所]](駒場に移転)の跡地があてられ、建設費は380億円を予定していた。当初は「'''ナショナル・ギャラリー(仮称)'''」と呼ばれ、日本の芸術文化の育成・国際的な芸術情報発信拠点としての役割が期待されていた。活動内容は複数の公募展の同時並行開催と、新聞社などの主催の大規模企画展のための会場貸しとされ、美術品[[コレクション]]や[[学芸員]]は置かない方針だった。
15

回編集