「ロバート・アントン・ウィルソン」の版間の差分

 
1975年、[[ロバート・シェイ]]との共著『イルミナティ』三部作を発表。[[アトランティス]]の太古より存在して、世界史を裏から操ってきたオカルト団体・[[イルミナティ|イリュミナティー]]をとりあげたコミカルな作品で、カルト的な人気作家となる。後続シリーズや解説書などを中心に35冊の小説、ノンフィクションを発表。また、1977年、幻覚作用のあるサボテンを試しながら宇宙人と交流したとする、自叙伝風の作品『コスミック・トリガー―イリュミナティ最後の秘密』(''Cosmic Trigger'')を発表し、話題を集める。
 
1986年に『イルミナティ』三部作が、[[プロメテウス賞]]殿堂賞を受賞。
 
1980年代には[[ニューエイジ]]哲学をパロディ化したアナーキーな宗教、[[サブジーニアス教会]]から[[ボブ法王]]として崇拝され、新しいコンピュータ文化のなかで再評価を受ける。[[ティモシー・リアリー]]との交流など、ポップ・オカルトの重要人物であった。
22,494

回編集