「斉藤誠司」の版間の差分

2019年の状況(記事引用)
(2019年の状況(記事引用))
2013年からブラジルでサッカースクールとジュニアチーム、社会人チームを立ち上げ経営者として活動している<ref name="navi20170104"/>。
指導者、代理人としても海外での経験、人脈を活かして数多くのスクール生を世界各国のプロチームに送り出している<ref>{{Cite web|url=http://brazilsantos2016.wixsite.com/craquesc/craquejapansc-cq4e|title=スクール実績|publisher=オフィシナクラッキスHP |date=2014-10-07|accessdate=2018-03-11}}</ref>。
 
2019年1月に中東にあるサウジアラビアリーグから月給5万ドル(日本円で540万円)で年俸は約6000万円のオファーが届いた。ブラジルでは3店舗目となるカフェ店をオープンさせ、本人が経営するサッカースクール会員数も200人を超えるなど、海外では現役プロ選手を続けながら様々なビジネスを成功させた日本人と話題になり地元紙で報じられた<ref>{{Cite web|url=http://www.novofangueiro.com/php/nf_detalhe_noticia.php?codNoticia=18886|title=O Novo Fangueiro Online|accessdate=2019-01-03|website=www.novofangueiro.com}}</ref>。
 
== エピソード ==
*2014年にパラグアイや中東にあるAgroSato株式会社と契約金3000万円でスポンサー契約を結んだと地元紙で報じられた<ref>{{Cite web|url=https://ameblo.jp/saito-seiji/entry-12309569991.html|title=スポンサー契約|publisher=斉藤誠司オフィシャルブログ |date=2014-10-07|accessdate=2018-02-25}}</ref>{{リンク切れ|date=2018-02-25}}。
*ブラジルにある本人のサッカースクールや社会人チームから数多くのプロサッカー選手を世界各国に送り出している<ref>{{Cite web|url=http://brazilsantos2016.wixsite.com/craquesc/craquejapansc-cq4e|title=スクール実績|publisher=オフィシナクラッキスHP |date=2014-10-07|accessdate=2018-03-11}}</ref>。
*2019年1月に中東サウジアラビアから年俸6000万円のオファーが届き、サンパウロ市内には3店舗目のカフェ店をオープンさせた。海外で現役プロ選手を続けながら様々なビジネスを成功させている日本人と話題になり地元紙で報道された<ref>{{Cite web|url=http://www.novofangueiro.com/php/nf_detalhe_noticia.php?codNoticia=18886|title=O Novo Fangueiro Online|accessdate=2019-01-03|website=www.novofangueiro.com}}</ref>。
 
== 代表歴 ==
2

回編集