「烏帽子」の版間の差分

[[File:JidaiMatsuri_Shizukagozen.jpg|thumb|240px|'''立烏帽子'''(中央女性の被りもの)と'''張烏帽子'''(周囲に従う男性の被りもの)]]
;立烏帽子
:烏帽子の中では最も格式が高い。[[狩衣]](まれに[[直衣]]にも)に合わせ、左右から押しつぶした円筒形。現在も[[神]]などが着用する。[[金色]]のものは[[祭り]]に参加する[[稚児]]の衣装として現在も見ることができる。艶消しのものは葬祭用とされる。
;折烏帽子
:広義には立烏帽子を折ったものの総称。