メインメニューを開く

差分

一部地域(加盟局)でしか放送されないニュース<ref name="hanamaru">[[2009年]][[3月27日]]までの『[[はなまるマーケット]]』内の『はなまるニュース』はJNN協定適用除外だった。</ref>がある場合には、「JNN」の名称を使用していない。また、TBS系列以外の放送局にも番組を放送している最中に、止むを得ずTBSからニュースを放送する場合も、「JNN」の名称は付かない。なお、TBSニュースバードでも「JNN」の名称のつく番組名(『JNNイブニング』など)があるが、CSのオリジナル番組のためJNN協定は適用されていない。{{main|JNN排他協定#全国ニュース番組}}
 
番組制作に関しては、すべての加盟局による共同制作番組を企画するほか、北から北海道放送(HBC)・TBSテレビ(TBS)・CBCテレビ(CBC)・毎日放送(MBS)・RKB毎日放送(RKB)の5局が「基幹局」に位置付けられ、「5社連盟」を結成している<!--(JNN基幹局)-->。{{要出典|範囲=[[東北放送]](TBC)も基幹局と自社が発表しているものの、JNN基幹局には、該当していない。ただし、[[静岡放送]](SBS)・山陽放送(RSK)・[[中国放送]](RCC)と同様に基幹局出稿広告等共同事業の一部に参加する事がある。|date=2017年7月}}ちなみにCS放送『[[TBSニュースバード NEWS (CS放送)|TBS NEWS]]』の列島ニュースにはTBS以外の以上8局のほか、[[新潟放送]](BSN)・[[信越放送]](SBC)のニュースが紹介されている。
 
過去には、当時JNN加盟局のなかった地域のJRN加盟ラテ兼営局([[秋田放送]]、[[高知放送]]、[[南海放送]]。いずれも日本テレビ系)や、[[オールニッポン・ニュースネットワーク|ANN]]単独加盟時代の[[青森テレビ]]に対し、『[[JNNニュース]]』を[[番組販売]]扱いでネットしていた。ネットワーク黎明期において、系列の協定がより強固に確立される前の貴重な例である。<ref>南海放送・秋田放送については、特に朝の情報番組をネットし、その中のコーナーにJNNニュースがあったこと等があり1992年までネットしていた。</ref>なお、青森テレビについてはANN加盟時代も特例措置により、番組販売扱いながらもJNNのニュース取材・配信への参加を認めていた。<ref>出典:青森テレビ社史『青森テレビ十年の歩み』(1978年刊行)、並びに『ATV20年のあゆみ』(1989年刊行)この青森テレビの例は「加盟局は他系列局のニュースをネットしないこと」というJNNの原則がJNN結成時ではなく、結成後に加えられた項目であることも関係している。</ref>{{main|南海放送#TBSとの関係|JNN排他協定#青森テレビにおける過去の例外的取扱}}
1,146

回編集