「Mr.バッド・ガイ」の版間の差分

メイド・イン・ヘヴン (クイーンのアルバム)
m編集の要約なし
(メイド・イン・ヘヴン (クイーンのアルバム))
フレディにとって初のソロ・アルバム。全英6位に達し、シングル「[[ボーン・トゥ・ラヴ・ユー]]」も全英11位のヒットとなる。日本では、本作発表当時、「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」が[[ノエビア]]の[[コマーシャルソング|CMソング]]に起用された<ref>[http://www.cdjournal.com/main/research/research.php?rno=388 昔のノエビアのCM曲-CDJournal.com リサーチ-]</ref>。
 
当初、このアルバムの名は『[[メイド・イン・ヘヴン (クイーンのアルバム)|メイド・イン・ヘヴン]]』としてリリースされる予定であったが、リリース直前になりフレディが名前を変えたいと言い、『ミスター・バッド・ガイ』になった。後に「メイド・イン・ヘヴン」の名はクイーン名義のアルバムに使われた。<ref>「Freddie Mercury Solo」付属の歌詞カードより</ref>
 
フレディの死後の[[1993年]]、「リヴィング・オン・マイ・オウン」のリミックス・ヴァージョンがシングルとして発表され、全英1位を獲得。「メイド・イン・ヘヴン」「アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」は、クイーン名義のアルバム『[[メイド・イン・ヘヴン (クイーンのアルバム)|メイド・イン・ヘヴン]]』([[1995年]])に、本作のヴォーカル・トラックにクイーンの演奏をつけたヴァージョンが収録された。
 
== プロモーションビデオ ==
Side 1
#'''レッツ・ターン・イット・オン''' - ''Let's Turn It On''(3:42)
#'''{{仮リンク|メイド・イン・ヘヴン (フレディ・マーキュリーの曲)|en|Made in Heaven (song)|label=メイド・イン・ヘヴン}}''' - ''[[:en:Made in Heaven (song)|Made in Heaven]]''(4:05)
#'''[[ボーン・トゥ・ラヴ・ユー]]''' - ''I Was Born to Love You''(3:39)
#'''フーリン・アラウンド''' - ''Foolin' Around''(3:29)