メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
{{by|2016年}}、ナ・リーグ最優秀監督賞3度の実績を持つ[[ダスティ・ベイカー]]を新監督に迎え、シャーザーが最多勝、最多奪三振の2冠を獲得し、2年ぶりの地区優勝。しかし、西地区を制した[[ロサンゼルス・ドジャース]]との[[2016年のナショナルリーグディビジョンシリーズ|ディビジョンシリーズ]]では、2勝1敗と先にチャンピオンシップシリーズ進出に王手をかけながら連敗し、2勝3敗で敗退。またしても[[2016年のナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ|リーグチャンピオンシップシリーズ]]進出を果たすことはできなかった。
 
{{by|2017年}}も全地区一番乗りで東部地区優勝を果たした<ref name="win"/>ものの、[[2017年のナショナルリーグディビジョンシリーズ|ディビジョンシリーズ]]で[[2016年のワールドシリーズ|前年ワールドチャンピオン]]の[[シカゴ・カブス]]に2勝3敗で敗退となり、10月20日にはベイカー監督の解任が発表された<ref>{{cite web|title=Dusty Baker won't return as Nationals manager|url=http://www.espn.com/mlb/story/_/id/21090820/dusty-baker-return-washington-nationals-manager|work=espn.com|publisher=[[ESPN]]|accessdate=21 October 2017|language=英語}}</ref>。10月29日に名称[[ジョー・マドン]]の右腕である[[デーブ・マルティネス]]の監督就任が球団公式サイトで発表された<ref>{{Cite web|url=https://www.mlb.com/news/nationals-hire-dave-martinez-as-manager/c-260020240|title=Nationals hire Dave Martinez as manager|accessdate=2019-01-07|website=MLB.com|language=en}}</ref>。
 
{{by|2018年}}、開幕前予想では地区優勝は盤石でワールドシリーズ制覇の有力候補にも挙げられていたが、開幕後は勢いに乗れず、前半戦を勝率.506の地区3位で折り返した。7月17日には球団初主催となる[[2018年のMLBオールスターゲーム|オールスターゲーム]]が本拠地ナショナルズパークで開催された。後半戦も調子は上がらず、82勝80敗・勝率.506の地区2位でシーズンを終え、3年ぶりにポストシーズン進出を逃した。
== 選手名鑑 ==
=== 現役選手・監督・コーチ ===
268

回編集