「ペラグラ」の版間の差分

編集の要約なし
(jstage -> doi)
 
臨床的には、血中トリプトファン濃度の低下を生じていても血中[[ニコチン酸]]濃度の低下を生じない事もある<ref name=jocd.33.477 />。
 
ビタミンPPがトウモロコシには無いため、トウモロコシばかり食べていると初期書状として皮膚が剥離していき、やけどした後のようにピンク色になる。そして、顔面から全身、舌がひびわれて、胃腸障害など様々な症状が起きる。最後には精神までおかしくなる恐ろしい病である<ref name=":1">{{Cite web|url=http://archive.ph/ZXA4l|title=今までのフォーラム 地球ことば村|accessdate=2019-01-08|date=2019-01-08|website=archive.ph}}</ref>。
 
== 原因 ==
 
遺伝、トウモロコシ以外の原因として栄養摂取障害があり、極端な偏食によって発症した例が報告されている<ref>葭矢信弘、庄司昭伸、北島淳一 ほか、「[https://doi.org/10.11340/skinresearch1959.27.702 ペラグラの4例]」 皮膚 Vol.27 (1985) No.4 P.702-708, {{DOI|10.11340/skinresearch1959.27.702}}
</ref>。日本から北朝鮮に帰国して日本に脱出した人によると、北朝鮮ではトウモロコシしか食べられない多くの人々がベラグラに罹患した<ref name=":1" />。
</ref>。
 
; 栄養摂取障害を生じる例、
* 化学療法<ref name="jocd.33.477">一ノ宮愛、西本勝太郎、[https://doi.org/10.3812/jocd.33.477 ペラグラの1例] 日本臨床皮膚科医会雑誌 33巻 (2016) 4号 p.477-482, {{doi|10.3812/jocd.33.477}}</ref>
6

回編集