「井上流」の版間の差分

m
おぼつかぬ→おぼつかない
m (おぼつかぬ→おぼつかない)
京都の祇園は天保以前は「祇園町」と「祇園新地」に区別されており、祇園町の方が格が数段上とみなされ、明治以降は「甲部」と「乙部」という呼び方に変わった。万亭や芸妓、舞妓のあるほうが「甲部」で、「[[都をどり]]」も祇園甲部に始まった。
 
初代の姪である二代目井上八千代は才女として知られ、当時花街の師匠として風靡した[[篠塚流]]に対抗するには、もはや風流舞ではおぼつかないと見て、江戸期より伝わる[[上方舞]]を集大成し、[[金剛流]]の能舞や[[人形浄瑠璃]]の人形の型、さらに[[歌舞伎]]からも取材して新しい舞を考案した。
 
この独特の舞が「京舞井上流」であり、これが祇園町と手を結ぶきっかけとなり、[[祇園甲部]]の正式唯一の流派として三代目[[井上八千代]]に受け継がれた。