「XML Path Language」の版間の差分

3.1
(3.1)
[[画像:XPath example.svg|300px|thumb|[[Extensible Markup Language|XML]]文書に XPath の式を適用したイメージ]]
'''XML Path Language''' ('''XPath'''(エックスパス)) は、[[マークアップ言語]] [[Extensible Markup Language|XML]] に準拠した文書の特定の部分を指定する言語構文である。XPath自体は簡潔な構文 (式言語) であり、(XML関係にありがちな<ref>同じ記法のせいで混乱の元になりやすい</ref>)XMLベースのマークアップ言語ではない。[[標準化団体 (コンピュータと通信)|標準化団体]] [[World Wide Web Consortium|W3C]] (World Wide Web Consortium) で開発され、1999年11月16日に XML Path Language (XPath) 1.0 が [[XSL Transformations]] (XSLT) 1.0 と同時に勧告として公表された<ref name="spec">[http://www.w3.org/TR/xpath XPath 1.0 仕様 (英語)] - [[World Wide Web Consortium|W3C]] (World Wide Web Consortium)</ref><ref>W3C の XPath 1.0 作業部会では、[[ジェームズ・クラーク (ソフトウェア技術者)|ジェームズ・クラーク]]とスティーヴン・ディローズが共同でエディタを務めた。また XSLT 1.0 作業部会では、ジェームズ・クラークがエディタを務めた。</ref>。XPathは、XSLT と XSL-FO とともに [[Extensible Stylesheet Language|XSL]] の構成要素である。2007年1月23日、W3C で XPath 1.0 の次期バージョンが制定され、[[#XPath 2.0|XPath 2.0]] が XSLT 2.0 と同時に勧告された。2014年4月8日に XPath 3.0、2017年3月21日に XPath 3.1 が勧告された。他に、XPathを拡張したようなものとして [[XQuery]] がある。
 
XPathは、XML文書中から必要な要素群(サブセット)を取り出す、などといった用途に使うものとして、急速に受け入れられていった。なお、もともとはXPathは、[[Extensible Stylesheet Language|XSL]] ([[XSL Transformations|XSLT]]) と [[XPointer]] に共通する構文と振る舞いのモデルを目標としていた。
* {{en icon}} [http://www.w3.org/TR/xpath20/ XML Path Language (XPath) 2.0] - [[W3C勧告]]
* {{en icon}} [http://www.w3.org/TR/xpath-30/ XML Path Language (XPath) 3.0] - [[W3C勧告]]
* {{en icon}} [http://www.w3.org/TR/xpath-31/ XML Path Language (XPath) 3.1] - 最終草案[[W3C勧告]]
* {{ja icon}} [http://www.atmarkit.co.jp/fxml/tanpatsu/10xslt/xslt02.html XPathの書き方の基本] - @IT(アットマーク・アイティ)
* {{en icon}} [http://www.w3schools.com/xpath/default.asp XPath tutorial]