「死刑台のメロディ」の版間の差分

編集の要約なし
| 画像サイズ =
| 画像解説 =
| 監督 = [[{{仮リンク|ジュリアーノ・モンタルド]]|it|Giuliano Montaldo}}
| 製作総指揮 =
| 製作 =
| 脚本 = [[{{仮リンク|ジュリアーノ・モンタルド]]|it|Giuliano Montaldo}}<br />[[ファブリッツィオ・オノフリ]]
| 出演者 = [[ジャン・マリア・ヴォロンテ]]<br />[[{{仮リンク|リカルド・クッチョーラ]]|it|Riccardo Cucciolla}}
| 音楽 = [[エンニオ・モリコーネ]]
| 撮影 = [[{{仮リンク|シルヴァーノ・イッポリティ]]|it|Silvano Ippoliti}}
| 編集 = {{仮リンク|ニーノ・バラーリ|it|Nino Baragli}}
| 編集 =
| 配給 = [[日本ヘラルド映画]]
| 公開 = {{flagicon|JPN}} 1972年5月5日
 
== 概説 ==
[[1920年]]の[[アメリカ合衆国]]・[[マサチューセッツ州]]で実際にあった[[サッコ・ヴァンゼッティ事件]]を正面から描いた史実的社会派ドラマである。アメリカ史の汚点的[[冤罪]]事件として語られる事件を[[{{仮リンク|ジュリアーノ・モンタルド]]|it|Giuliano Montaldo}}が映画化。[[イタリア系アメリカ人|イタリア移民]]のサッコとバンゼッティがいわれなき死刑を受けるまでを描いている。主題歌を社会派の歌手である[[ジョーン・バエズ]]が担当したことも話題となった。
 
== スタッフ ==
* 監督・脚本:[[{{仮リンク|ジュリアーノ・モンタルド]]|it|Giuliano Montaldo}}
* 脚本:ファブリッツィオ・オノフリ
* 撮影:[[{{仮リンク|シルヴァーノ・イッポリティ]]|it|Silvano Ippoliti}}
* 音楽:[[エンニオ・モリコーネ]]
* 主題歌:勝利への賛歌(Here's to you):[[ジョーン・バエズ]]
※括弧内は1978年1月29日に[[日曜洋画劇場]]で放映された時の日本語吹替キャスト。
* バンゼッティ:[[ジャン・マリア・ヴォロンテ]]([[樋浦勉]])
* サッコ:[[{{仮リンク|リカルド・クッチョーラ]]|it|Riccardo Cucciolla}}([[園田裕久]])
* ムーア:[[ミロ・オーシャ]]([[富田耕生]])
* カッツマン:[[シリル・キューザック]]([[大木民夫]])
* タイヤー:[[{{仮リンク|ジェフリー・キーン]]|en|Geoffrey Keen}}([[村松康雄]])
* トンプソン:[[ウィリアム・プリンス]]([[寺島幹夫]])
* ローザ:[[{{仮リンク|ロザンナ・フラテッロ]]|it|Rosanna Fratello}}([[小谷野美智子]])
 
== 外部リンク ==
1,132

回編集