「式守伊之助」の版間の差分

== 解説 ==
[[File:39th Inosuke Shikimori in Sumiyoshi Taisha (1) IMG 1474-2 20130302.JPG|thumb|220px|39代伊之助(のち37代庄之助)。式守伊之助の軍配の房色・[[直垂]]の[[菊綴]]は紫白と定められている。]]
この[[名跡]]は代々[[三役]]格から立行司に昇格する行司が襲名しており、[[軍配]]に紫白の房、装束に紫白の菊綴じを着用し<ref>1927年から1959年までの伊之助の菊綴・房は、現在のものより白部分が少ない紫白であった。伊之助が用いる現在の紫白は1927年から1951年まで木村玉之助が用い、1951年から1959年までは副立行司が用いていた。</ref>、庄之助同様に軍配を差し違えた際に切腹する覚悟を意味する[[短刀]]を左腰に帯刀し、右腰に[[印籠]]を下げる。本場所では三役格以下と同様に2番を合せる。
 
[[式守伊之助 (初代)|初代]]が[[明和]]年間より[[寛政]]年間にかけて使用した軍配は「'''ゆずり団扇'''」とも呼ばれて現在も継承され、記される文字の読み下しは不明だが、裏面の和歌は「いにしへの ことりつかひの おもかけを 今ここに見る 御世そめてたき」と読むことができる。[[1882年]]の相撲[[錦絵]]にすでに登場しているが、[[木村庄之助 (24代)|20代伊之助]]時代の[[1960年]]5月から伊之助のゆずり団扇となった。
[[2017年]]、40代が巡業先の宿泊先で未成年行司に[[セクシャルハラスメント]]行為を行った。これにより、[[日本相撲協会]]より翌年[[大相撲平成30年1月場所|初場所]]から3場所の出場停止処分を受けた。40代は辞職願を出しており、処分解除後の2018年5月31日付で受理され、退職した<ref>[http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20180113-OHT1T50066.html 若手にセクハラの式守伊之助が3場所出場停止後に辞職…八角理事長「反省する時間を与えたい」]</ref><ref>{{Cite news|title=式守伊之助、10代行司にセクハラ=冬巡業中に泥酔しキス-大相撲|newspaper=時事ドットコムニュース|date=2018-01-06|url=https://www.jiji.com/jc/article?k=2018010501289&g=spo|accessdate=2018-01-08|agency=[[時事通信社]]|location=東京|work=時事ドットコム|publisher=時事通信社|language=jp|archiveurl=|archivedate=|deadlink=}}</ref><ref>[https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/05/31/kiji/20180531s00005000199000c.html 式守伊之助が退職 昨年若手行司にセクハラ 名古屋場所は24年ぶり立行司不在に] - スポーツニッポン 2018年5月31日</ref>。
 
[[2018年]]9月27日の理事会で11代式守勘太夫が12月25日付で立行司に昇格し[[式守伊之助 (41代)|41代式守伊之助]]を襲名することが決定した、2019年(平成31年)1月場所より41代伊之助が土俵を務めている
 
== 式守伊之助の代々 ==
75,868

回編集