「近鉄難波線」の版間の差分

*[[1970年]](昭和45年)[[3月15日]]:近鉄難波駅 - 上本町駅間が開業<ref name="100nenayumi-p868">『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』近畿日本鉄道、2010年、p.868</ref>。
*[[1979年]](昭和54年)[[1月8日]]:建設費回収のための加算運賃を設定<ref name="100nenayumi-p695">『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』近畿日本鉄道、2010年、p.695</ref><ref>奈良線などより初乗り運賃が割高になった。奈良線などが大人70円の当時、難波線は50円が加算され、120円であった。</ref>。
*[[1991年]]([[平成]]3年)[[11月20日]]:建設費の回収が終わったため、難波線での加算運賃の制度を廃止<ref name="100nenayumi-p695" />。<!--ノート参照-->
*[[2008年]]([[平成]]20年)[[6月14日]]:車上速度パターン照査式[[自動列車停止装置]] (ATS-SP) 使用開始。
*[[2009年]](平成21年)[[3月20日]]:阪神なんば線と相互直通運転開始。近鉄難波駅を大阪難波駅に、上本町駅を大阪上本町駅に改称<ref name="100nenayumi-p540">『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』近畿日本鉄道、2010年、p.540</ref>。