メインメニューを開く

差分

後続音の濁音化をともなわない例。散発的にいくつかの例が見られる。
*「白-人」 シロ'''ヒ'''ト → シロ'''ウ'''ト → シロート 「素人」
*「箒き」 ハ'''ハ'''キ → ハ'''ウ'''キ → ホーキ 「箒」<ref>ア段の音便というのはかなり珍しく、この例は実質的には、「a音の脱落」(hahaki &gt; *hawaki &gt; *hawki &gt; ho:ki)として説明できる種類の変化であろう。</ref>
 
方言では、西日本の多くの地域において、ワ行五段動詞(ハ行四段動詞)のテ・タ形、および形容詞の連用形でウ音便が広く使われている。
匿名利用者