「検閲」の版間の差分

編集の要約なし
m (LK)
{{節stub}}
{{See also|ネット検閲|ブロッキング}}
検閲は大きく分けて事前検閲と事後検閲の2種類ある。
{{独自研究範囲|歴史上、世界各国において検閲官などにより行政権による検閲が行われ、しばしば[[表現の自由]]が抑圧されてきた。対象となるのは出版物の他、[[音楽]]、[[映画]]、[[テレビ]]、[[インターネット]]等表現一般である|date=2018年5月}}。検閲は大きく分けて事前検閲と事後検閲の2種類ある。
 
{{独自研究範囲|広義には[[カルト]]と呼ばれる[[反社会的]]集団の[[構成員]]が集団の内部事情を漏洩しないように、構成員の[[SNS]]や[[手紙]]・[[レポート]]・[[携帯電話]]等の監視を行い情報発信の制限を行うことも含まれる|date=2018年5月}}。
 
=== 事前検閲 ===
{{main|日本における検閲}}
[[日本]]では[[日本国憲法第21条|憲法第21条]]第2項で禁止されており、その憲法の言う「検閲」とは「[[行政権]]が主体となって、思想内容等の表現物を対象とし、その全部又は一部の発表の禁止を目的とし、対象とされる一定の表現物につき網羅的一般的に、発表前にその内容を審査した上、不適当と認めるものの発表を禁止することを特質として備えるもの」(最高裁判所昭和59年12月12日大法廷判決 [[民集]]38巻12号1308頁 札幌税関検査事件)とされている。
 
「思想内容等の表現物」が検閲対象となっているが曖昧であり、「表現内容」での規制は検閲対象にならないという解釈もできる{{要出典|date=2015年2月}}。[[青少年有害社会環境対策基本法案]]による規制は検閲に当たるという指摘が行われている{{誰2|date=2015年2月}}。
 
=== アメリカ合衆国 ===
[[アメリカ合衆国|アメリカ]]では検閲は[[アメリカ合衆国憲法]]で禁止されている。実際に販売禁止処分等の命令が行政機関によって出されたこともある{{要出典|date=2015年2月}}。
 
== 出典 ==