「ゴリアテ」の版間の差分

(→‎概要: 口語訳へのリンク追加)
[[ファイル:David gegen goliath2.jpg|thumb|13世紀に描かれたダビデとゴリアテの絵]]
[[ファイル:Osmar Schindler David und Goliath.jpg|thumb|ダビデと対峙するゴリアテ]]
'''ゴリアテ'''({{Rtl翻字併記|he|גָּלְיָת|Golyat|n|区=、}})は、[[旧約聖書]]の「[[サムエル記]]」に登場する[[ペリシテ人]]の巨人兵士。身長は6[[キュビト]]半<ref name="17章" />(約2.9メートル<ref>ただし、[[七十人訳聖書|七十人訳ギリシャ語聖書]]版では「4キュビット半(約2m)」となっている。 同書のサムエル記の部分は日本語訳が2017年現在まだないが、フラウィウス・ヨセフスの『[[ユダヤ古代誌]]』(第6巻171節に該当の記述がある)はこの版を参考にしているので、そちらの日本語訳(『ユダヤ古代誌 2』秦剛平 訳、ちくま書房、1999年、P165)で確認は可能(表記はギリシャ語の「4ペークスと1スピタメース(約6フィート8インチ)」になっている。)。 なお筆者のヨセフスは4キュビット半でも「とてつもなく巨大な男」「怪物」とゴリアテを評している(同書同節)。</ref>)、身にまとっていた銅の小札かたびら([[鎧]])は5000[[シェケル]]<ref name="17章">{{cite web| title=第一サムエル記17章| url=http://homepage3.nifty.com/IUCC/bible/o0917.html | accessdate=2010年8月27日}}</ref>(約57キログラム)、[[槍]]の鉄の刃は600シェケル<ref name="17章" />(約6.8キログラム)あったという。[[サウル]]王治下の[[イスラエル王国]]の兵士と対峙し、[[ヤハウェ|彼らの神]]を嘲ったが、羊飼いの少年であった[[ダビデ]]が[[投石器]]から放った石を額に受けて昏倒し、自らの剣で首を刎ねられ絶命した。この故事にちなんで、弱小な者が強大な者を打ち負かす[[喩え話|喩え]]としてよく使われる
 
[[英語]]発音で'''ゴライアス'''({{En|Goliath}})とも呼ばれる。
 
ペリシテ軍はゴリアテの予想外の敗退により総崩れとなり、イスラエル軍はダビデの勝利に歓喜の声をあげた。イスラエル軍は敗走するペリシテ軍を追って、ガテや[[エクロン]]まで追撃して勝利を収めた。この戦いによりダビデの名声は広まり、サウルの側近として仕えるようになった。
 
なお、聖書の記述で、ゴリアテを殺したのは、ダビデである([[s:サムエル記上(口語訳)#17:50|サムエル記上17章50節]])とする他、エルハナンが殺した([[s:サムエル記下(口語訳)#21:19|サムエル記下21章19節]])とする箇所がある。歴代誌でも同様の記述<ref>[[s:歴代志上(口語訳)#20:5|歴代志上(口語訳)#20:5]]</ref>があり、ゴリアテの兄弟のラフミ(ラーミ)が殺されたと記述されるが、英語版に翻訳されたときに矛盾を解消するため付け加えられたとも言われている<ref>英語版ではサムエル記下21章の記述ではNew King James Version(NKJV)の版に「killed [the brother of] Goliath」が見られるが、このカッコ内は訳者による注訳である。</ref>。
 
== 脚注 ==
匿名利用者