「不易糊工業」の版間の差分

→‎概要: (墨のトップブランドは過言ではないかと)
(→‎概要: (墨のトップブランドは過言ではないかと))
 
== 概要 ==
元々はゴムの製造から始まったが、[[1895年]]に国内で初めて、澱粉糊の開発に成功する。以来、東京に本社を置く[[ヤマト (文具)|ヤマト]]と共に国内の糊生産をリードしてきた企業である。また、[[墨]]を液状化した[[墨汁]]の開発にも成功しており、{{要出典|範囲=墨のトップブランドとしても名高い|date={{#time:Y年n月|+9 hours}}|title=特定分野でのシェア等ではどうか不明だが、書の専門店等で扱われることが少ないこと等から「墨のトップブランド」は無理があるのでは?}}
 
社名の不易は1895年に発売された「不易糊」に因むもので、不易とは[[荀子]]の言葉である「萬世不能易也」、つまり「永遠に変わらない」という意味で、永遠に変わらない品質を誇るという自信と創業者からの願いによって名付けられた。同じくブランド名も'''フエキ'''である。
67

回編集