メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
{{告知|議論|阪和岸和田→東岸和田の改名は1940年12月1日か1941年8月1日か|ノート:阪和電気鉄道#南海合併後の駅名改称時期について}}
{{駅情報
|社色 = #0072bc
* [[1932年]](昭和7年)[[4月1日]] - '''阪和岸和田駅'''に改称。
* [[1939年]](昭和14年)下半期 - ホームを延長し4両編成に対応<ref>{{Cite book|和書|author=竹田辰男|year =1989|title = 阪和電気鉄道史|publisher =鉄道資料保存会|isbn = 978-4885400612|page=102}}</ref>。
* [[1940年]](昭和15年)[[12月1日]] - 阪和電気鉄道が[[南海電気鉄道|南海鉄道]]に吸収合併され、南海山手線の駅となる<ref name="sone42">{{Cite book|和書|author=[[曽根悟]](監修)|title=週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR|editor=朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)|publisher=[[朝日新聞出版]]|series=週刊朝日百科|volume=42号 阪和線・和歌山線・桜井線・湖西線・関西空港線|date=2010-05-16|pages=12-13}}</ref>。同時に'''東岸和田駅'''に改称
* [[1941年]](昭和16年)[[8月1日]] - '''東岸和田駅'''に改称<ref>{{Cite journal|和書|author=竹田辰男|journal=鉄道史料|volume=108|title=南海鉄道山手線史の考察|publisher=鉄道史資料保存会|year=2003|page=28}}</ref>。
* [[1944年]](昭和19年)[[5月1日]] - 山手線が[[戦時買収私鉄|国有化]]され、[[鉄道省]]([[日本国有鉄道|国鉄]])[[阪和線]]の駅となる<ref name="sone42"/>。
* [[1966年]](昭和41年)[[3月]] - 跨線橋新設<ref>「天王寺鉄道管理局三十年写真史」P97</ref>。
29,242

回編集