「内閣総務官」の版間の差分

 
== 位置づけ ==
[[内閣官房副長官補]]、[[内閣広報官]]、[[内閣情報官]]などがいずれも内閣法に基づく[[特別職]][[国家公務員]]として[[内閣官房長官]]を補佐し[[政策]]の立案や実施に参画するのに対し、内閣総務官は法律より一段下の内閣官房組織令に基づく「政令職」の[[一般職[[]]国家公務員]]であり、内閣官房の庶務的な事項を処理することを主な職務とする。宮中への上奏、[[国会 (日本)|国会]]との連絡調整など重要な任務もつかさどる。そのため、解散詔書が内閣官房長官を通じて[[衆議院議長]]に伝達される際に内閣官房長官に手渡す立場となり、[[国会中継]]などでもその姿が映される。
 
内閣広報官と内閣情報官が法律で規定され、その組織である[[内閣広報室]]と[[内閣情報調査室]]が政令で規定されるため、この2官の正式職名は「内閣官房」や「内閣広報室」などを冠さず単に「内閣広報官」のように称するのに対し、内閣総務官は官・組織ともに政令(内閣官房組織令)で規定され、かつ、まず先に「内閣総務官室」が設置されそこに「内閣総務官」を置く、との順序で規定されているため、[[官報]]に掲載される内閣総務官の正式職名は「内閣官房内閣総務官室内閣総務官」となる。
 
== 所掌事務 ==
19,509

回編集