メインメニューを開く

差分

その後、6月15日には文理学部、18日には商学部、19日には芸術学部、22日には農獣医学部、24日には文理学部三島校舎がストライキに突入した。
 
==警察機動隊の対応==
体育会や右翼団体、暴力団による全共闘への襲撃は何度も起きており、ストに参加した学生は当所はスト破りの暴力行為を機動隊が制圧してくれることを期待していた。しかし、6月11日の経済学部校舎の右翼学生の占領と、彼らが頭上から物を落としたり、放水して集会に参加した学生を追い散らす行為を機動隊も止めさせようとはせず、その一方で集会に参加した学生5人が逮捕されるなど、<ref name="nichidaitoso">{{Cite news|title=日大闘争年表 (増補完全版) 「新版・叛逆のバリケード」|newspaper=[[三一書房]]|date=2008年9月30日刊行|url=http://www.geocities.jp/nichidainoutoui_1968/nenpyou-hanbari.html}}</ref>恣意的に全共闘側の学生ばかりを検挙する警察機動隊と対応を見て、敵対は次第に強まってき、この日から全共闘は機動隊を古田理事会を守る暴力装置と見なして抵抗は過激化していく。
一方で警察側にも、当所は日大当局の腐敗に対して立ち上がった学生らを『学生さん』と呼んで同情しており、[[大学進学率]]が10%台であった当時においてエリートである学生らを慮って『奴らの将来を考えてやれ』と力説する幹部もいたが、これはあくまで一部の声であり、基本的には暴力的なスト破りを傍観して守る一方で、集会に参加した学生を逮捕するなど、日大当局側に立った行動が中心であった。機動隊が全共闘を徹底して取り締まるきっかけとなったのが、1968年[[9月4日]]未明、経済学部本館のバリケード封鎖解除に出動していた機動隊員1人が、学生が校舎4階から落とした約16kgの[[コンクリート]]片を頭部に受けて[[殉職]]した事件である。これを受けて[[警視庁公安部]]村上健[[警視正]]は[[記者会見]]で「警視庁はこれまで学生側にも言い分があると思っていたが、もうこれからは手加減しない」と憤りをあらわにした。この事件で学生に対する怒りは警察全体に広まり、警察の新左翼学生らに対する姿勢は一転した。それまで警察は学生の検挙よりも解散を重視していたが、徹底的な取締を行うようになり、<ref> {{Cite web |date=2008-09-11 |url=http://www.marino.ne.jp/~rendaico/gakuseiundo/history/gairyaku/sankei_saraba2.htm |title=別章【概論戦後学生運動史 |publisher=れんだいこ |accessdate=2017-06-01}}</ref>10月4日には秋田明大ら全共闘委員長8人に逮捕状が出され、12月までに全員が逮捕された。
 
==運動の終息==
82

回編集