「野崎左文」の版間の差分

m
(旧暦換算)
[[土佐国]][[高知市|高知]]七軒町に生まれ、生後100日で同じ[[土佐藩]]士・野崎権治の養子となる。[[慶応]]2年(1866年)に[[長崎市|長崎]]に遊学し英語を学ぶ。1869年(明治2年)に藩費生として上京し[[大学校 (1869年)#大学南校|大学南校]]に2年半、さらに藩立の英学校をへて大阪の開成学校に学ぶ。父が商売に失敗したため学業を中断し、1873年(明治6年)に神戸鉄道寮の外国技師付き雇員となり、1874年(明治7年)末に東京に戻り、[[工部省]]工作局の八等技手になる<ref name="yanagidap141">[[#柳田1959|柳田、1959年]]、p.141</ref>。
 
南校在学の頃から貸本屋の常連となりいわゆる「小新聞」に戯文を投書して、伊東橋塘・山田風外などと交わるようになり、1876年(明治9年)には鉄道寮の同僚であった河原英吉の紹介で[[仮名垣魯文]]の門下となって「蟹垣左文」と号する<ref>{{Cite book|和書|author=野崎左文|year=2007|title=増補私の見た明治文壇1|publisher=平凡社|pages=65p}}</ref>
 
1880年(明治13年)に工部省を辞め「仮名読新聞」の見習記者として働き、翌年には明治日報に招かれるが2年足らずで退社する<ref>[[#柳田1959|柳田、1959年]]、p.142</ref>。1882年(明治15年)に魯文の「いろは新聞」に拾われ、以後は絵入[[朝野新聞]]、東京絵入新聞、今日新聞、自由灯、時論日報などの各新聞社を転々とし、1886年(明治19年)には[[坂崎紫瀾]]とともに浪華新聞に招聘される。1888年(明治21年)に[[中江兆民]]の主宰する東雲新聞、そして関西日報をへて東京公論に入社(大同新聞と合併して「国会」社となる)。