「単系統群」の版間の差分

編集の要約なし
{{出典の明記|date=2018年3月}}
[[Image:Monophyletic_ja.svg|thumb|334px|鳥類を含めた広い意味の爬虫類(青い部分)は、単系統群と考えられている]]
'''単系統群'''(たんけいとうぐん)とは、生物の[[分類群]]のうち、単一の[[進化]]的系統からなり、しかもその系統に属する生物すべてを含むものをいう。つまりすなわち1つの仮想的な[[共通祖先]]とその子孫すべてを合わせた群である。[[系統樹]]でいえば、1つの枝の全体に当たる。身近な例では、[[哺乳類]]全体、[[脊椎動物]]全体、[[種子植物]]全体などがこれであると考えられている。
 
単系統群内において系統が分岐したときの共通祖先が持っていた形質が(二次的に失われた場合を除いて)共有されており、これを[[共有派生形質]]と呼ぶ。
 
== 概括 ==