メインメニューを開く

差分

史跡

17 バイト追加, 2 か月前
m
らて → られて
日本の[[文化遺産保護制度]]の体系における「史跡」とは、[[文化財]]の種類の一つである[[記念物]]のなかで、[[貝塚]]、[[古墳]]、都城跡、城跡、旧宅その他の[[遺跡]]に該当するものの中から、歴史上または学術上価値が高いと認められ保護が必要なものについて、[[日本国|国]]が指定を行ったものである。
 
[[文化財保護法]]は、貝塚、古墳をはじめとする遺跡のうち日本国にとって歴史上または学術上価値の高いものを、[[文部科学大臣]]が「史跡」<ref>単に「史跡」と称した場合は、日本国指定の史跡を指しており、官報でも「史跡」と表記される。しばしば「国指定史跡」と称されるが、これは、都道府県指定史跡や市区町村指定史跡と区別した便宜的な用語である。</ref>および「特別史跡」の名称で指定することができると規定している。地方公共団体においては、国の指定を受けていないものに対して、それぞれの[[条例]]に基づいて「○○県史跡」「○○町指定史跡」といった名称で指定を行っている。地方公共団体の制度はおおむね国の制度に準じたものであるが、それぞれの考え方に応じた制度が設けられており、例えば、[[東京都]]では「旧跡」、[[横浜市]]では「[[横浜市登録地域文化財|地域文化財]]」などといった、文化財保護法にみられない区分の名称が設けられている場合もある(なお、横浜市の「地域文化財」は、「指定」ではなく「登録」文化財制度の1種である)。
 
== 国の史跡 ==
文化財保護法第109条第2項では、'''特別史跡'''(とくべつしせき)について次のとおり規定している。
 
:文部科学大臣は、前項の規定により指定された史跡名勝天然記念物のうち特に重要なものを特別史跡、特別名勝又は特別天然記念物(以下「特別史跡名勝天然記念物」と総称する。)に指定することができる。
 
そして、『特別史跡名勝天然記念物及び史跡名勝天然記念物指定基準』は、特別史跡の指定基準を次のように規定している。
[[文化財保護法]]第182条第2項は、次のとおり規定している。
 
:地方公共団体は、条例の定めるところにより、重要文化財、重要無形文化財、重要有形民俗文化財、重要無形民俗文化財及び史跡名勝天然記念物以外の文化財で当該地方公共団体の区域内に存するもののうち重要なものを指定して、その保存及び活用のため必要な措置を講ずることができる。
 
この規定に基づき、各[[地方公共団体]]は「文化財保護条例」等の名称の[[条例]]を制定して、遺跡に対する史跡指定を行っている。ただしこの規定は、国の史跡に指定されていないものに対して地方公共団体が指定すると解釈されるため、地方指定の史跡が国指定の史跡となった場合は地方指定は解除される。地方公共団体の制度はおおむね国の制度に準じたものであるが、それぞれの実情に応じた制度が定められている。例えば、東京都文化財保護条例第33条は、次のとおり規定している。
 
:教育委員会は、都の区域内に存する記念物(法第百九条第一項の規定により、史跡、名勝又は天然記念物に指定されたものを除く。)のうち、都にとつて重要なものを、東京都指定史跡(以下「都指定史跡」という。)、東京都指定旧跡(以下「都指定旧跡」という。)、東京都指定名勝又は東京都指定天然記念物(以下「都指定天然記念物」という。)(以下これらを「都指定史跡旧跡名勝天然記念物」と総称する。)に指定することができる。
 
== 史跡での復元 ==
史跡での復元事業を行う場合は文化庁の許可が必要であり、文化庁は先史時代(縄文・弥生、[[登呂遺跡]]などの竪穴式住居)の史跡については比較的、緩やかな基準であるが、中世以降の社寺や城郭などの史跡の復元に関しては絵図面や図面、古写真やその他の工事の記録文書などの客観的な資料が発見される可能性がある為、文化財保護の立場での要件を厳しくした[[1967年]](昭和42年)以降は厳しい基準で臨んでおり、復元するに足る資料を集めて復元建造物の外観だけでなく、内部構造なども絵図面、写真、工事記録等に基づいた復元が「慎重に」という形容詞付きで求めらている<ref>[http://www.bunka.go.jp/pr/publish/bunkachou_geppou/2012_07/series_15/series_15.html 文化庁 文化庁月報 連載 「文化財行政の現代的な課題 」- 史跡の現地保存,凍結保存,及び復元について]</ref>。史跡指定の天守閣復元に関して戦災で失った[[小田原城]]、[[名古屋城]]、[[熊本城]]、[[若松城]]などが戦後復興で外観復元による鉄筋コンクリート造りで建てられたが1967年(昭和42年)以降はこのような鉄筋コンクリート造りなど史実に基づかず、忠実でない復元はなされていない。1967年(昭和42年)以降行われた史跡での復元は平城宮跡の「大極殿」と「朱雀門」や[[篠山城]]の大書院や[[首里城]]跡の正殿や[[金沢城]]などが復元されており、資料から史実に基づく精度の高い図面から復元する事が求められた。現在、史跡での復元は名古屋城や小田原城などが木造天守による復元計画がある一方で、文化庁の史跡等における歴史的建造物の復元の基準(非公開)に基づき可否を判断しているが自治体等からは文化庁の同基準に基づいて行う指導(特に「遺構」、「写真」、「指図(説計図)」の3項目の資料が不可欠)が厳格で、地域の史跡での歴史的建造物の復元が出来ないとの声もあり、復元計画がある[[高松城 (讃岐国)|高松城]]跡では天守内部の資料がない理由で、文化庁から天守の復元の許可が得られない状態が続いており、[[徳島城]]の天守や[[仙台城]]の懸造りでも「遺構」、「写真」、「指図(説計図)」が備わっていないため復元が出来ない。
。史跡指定の天守閣復元に関して戦災で失った[[小田原城]]、[[名古屋城]]、[[熊本城]]、[[若松城]]などが戦後復興で外観復元による鉄筋コンクリート造りで建てられたが1967年(昭和42年)以降はこのような鉄筋コンクリート造りなど史実に基づかず、忠実でない復元はなされていない。1967年(昭和42年)以降行われた史跡での復元は平城宮跡の「大極殿」と「朱雀門」や[[篠山城]]の大書院や[[首里城]]跡の正殿や[[金沢城]]などが復元されており、資料から史実に基づく精度の高い図面から復元する事が求められた。現在、史跡での復元は名古屋城や小田原城などが木造天守による復元計画がある一方で、文化庁の史跡等における歴史的建造物の復元の基準(非公開)に基づき可否を判断しているが自治体等からは文化庁の同基準に基づいて行う指導(特に「遺構」、「写真」、「指図(説計図)」の3項目の資料が不可欠)が厳格で、地域の史跡での歴史的建造物の復元が出来ないとの声もあり、復元計画がある[[高松城 (讃岐国)|高松城]]跡では天守内部の資料がない理由で、文化庁から天守の復元の許可が得られない状態が続いており、[[徳島城]]の天守や[[仙台城]]の懸造りでも「遺構」、「写真」、「指図(説計図)」が備わっていないため復元が出来ない。
 
== 脚注 ==
58,948

回編集