「山田哲人」の版間の差分

m
12試合連続試合打点記録の文を追加、記録の欄の訂正
m (12試合連続試合打点記録の文を追加、記録の欄の訂正)
タグ: ビジュアルエディター モバイル編集 モバイルウェブ編集
'''{{by|2017年}}'''は[[2017 ワールド・ベースボール・クラシック|第4回WBC]]で日本代表に選出されて主に1番DHとして出場。2次ラウンド第2戦の[[2017 ワールド・ベースボール・クラシック・キューバ代表|キューバ]]戦で大会史上8人目となる先頭打者本塁打など<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/03/14/kiji/20170314s00001004194000c.html 山田、先頭打者本塁打で侍ジャパン先制 WBCで日本人3人目― スポニチ Sponichi Annex 野球]</ref>1試合2本塁打の活躍を見せた<ref>{{Cite web|url=http://www.nikkansports.com/baseball/wbc/2017/news/1792360.html|title=イチロー、鳥谷、山田/WBC先頭打者本塁打メモ - WBC|accessdate=2017-03-18|date=2017-03-15|work=[[日刊スポーツ]]}}</ref>。レギュラーシーズンではチームで唯一となる全試合フルイニング出場こそ達成したものの、年間を通して不振に苦しむ。最終的に打率.247、24本塁打、14盗塁でトリプルスリーには遠く及ばない結果となった<ref name="sanspo">{{Cite web|url=http://www.sanspo.com/baseball/news/20171226/swa17122605000001-n1.html|title=【絆トーク】初の減俸も晴れやかだった燕・山田の表情|accessdate=2018-01-04|date=2017-12-26|work=SANSPO.COM}}</ref>。不調の原因は下半身のコンディションの悪さにあったと、OBの真中満は伝えている<ref name="besuma">ベースボール・マガジン社『週刊ベースボール』2018年10月1日号 p.27.</ref>。
 
'''{{by|2018年}}'''6月28日、対中日戦(明治神宮野球場)で9回裏に3ランホームランを放ちプロ8年目で初となるサヨナラ打(サヨナラ四球を除く)となった<ref>[https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180628-OHT1T50264.html 【ヤクルト】山田哲人が初のサヨナラ打!3ランに「野球やっててよかった」] - 2018年6月28日、[[スポーツ報知]]</ref>。7月9日には対巨人戦(静岡草薙球場)で史上66人目・平成生まれの選手では初となる[[サイクルヒット]]を達成した<ref>[https://www.nikkansports.com/baseball/news/201807090000821.html 史上66人目!ヤクルト山田哲人がサイクル安打達成] - 2018年7月9日、[[日刊スポーツ]]</ref>。7月20日の対中日戦(明治神宮野球場)から8月4日の対阪神戦(京セラドーム大阪)まで12試合連続で打点を記録。これはNPBでは1986年の[[ランディ・バース]]に次ぐ歴代2位の記録で、日本人では歴代最長の記録である。<ref>{{Cite web|url=https://www.nikkansports.com/baseball/news/201808060000102.html|title=ヤクルト山田哲人「1つ出なかった」連続打点止まる - プロ野球 : 日刊スポーツ|accessdate=2019-01-23|website=nikkansports.com|language=ja}}</ref>8月31日の広島戦では2年ぶりの30盗塁を記録し、<ref>[https://www.sanspo.com/baseball/news/20180831/swa18083120550005-n1.html ヤクルト・山田哲、30盗塁に到達!トリプルスリー条件満たす] SANSPO.COM 2018.8.31 22:37(産経新聞社、2018年9月25日閲覧)</ref><ref name="besuma"/>最終的に打率.315、34本塁打、33盗塁で自身3度目のトリプルスリーを達成した<ref>{{cite web|url=https://www.asahi.com/articles/ASLB93GR8LB9UTQP007.html|title=ヤクルト山田哲、史上初3度目のトリプルスリー|work=朝日新聞デジタル|date=2018-10-09|accessdate=2018-10-14}}</ref>。
 
== 選手としての特徴 ==
* [[オールスターゲーム (日本プロ野球)|オールスターゲーム]]出場:4回 (2014年 - 2016年、2018年)
* [[サイクル安打|サイクルヒット]]:1回(2018年7月9日、対[[読売ジャイアンツ]]12回戦、[[静岡県草薙総合運動場硬式野球場]]) ※史上66人目(71度目)
* 12試合連続打点(2018年7月2120日-8月4日) ※史上2位
 
=== 背番号 ===