メインメニューを開く

差分

227 バイト追加 、 8 か月前
編集の要約なし
現代の箏は伝統的な流派の伝承(草の根の稽古も含む)はもちろん、[[クラシック音楽]]との交流も行われている。具体的には[[1964年]]ごろより[[現代音楽]]の作曲家の間での「邦楽器ブーム」により、現代音楽に箏を含む邦楽器が広く用いられるようになった。これらの多くは邦楽本来の楽器および演奏法の特色の長所をなるべく活かす形で使われており、このブーム以前の西洋音楽における邦楽器の使われ方として多かった「別に箏でなくてもピアノやハープでも代用できる西洋音楽の書法」とは一線を画する。それに先立って[[1957年]]に結成された[[邦楽四人の会]]、邦楽器ブーム初期の[[1964年]]より活動を続けている[[日本音楽集団]]の活動も、現代音楽における重要な邦楽活動として挙げられる。ただし大正・昭和初期の[[新日本音楽]]における邦楽界の西洋音楽受容が、和声的な書法で作曲しやすい箏を中心としたのに対し、[[1960年代]]の現代音楽界の邦楽受容においては箏は必ずしも主役ではなく、むしろノイズ的書法で作曲しやすい[[尺八]]が中心となった。また、[[吉崎克彦]]、[[水野利彦]]、[[沢井比河流]]と言ったような、箏曲演奏家出身の作曲家も人気が高い。
 
==== 現代音楽における箏の作品 ====
* 箏とオーケストラのための作品
** [[湯浅譲二]] 「(八面の)箏とオーケストラのためのプロジェクション・花鳥風月」(1967年)
その他ごく少数ではあるが、八橋検校の当時の演奏様式を伝える八橋流、筑紫箏の様式を伝える筑紫流がある。
 
== 楽器解説構成 ==
[[画像:Koto (sou)-ryubi.jpeg|thumb|龍尾と糸]]
箏は、前後にアーチのかかった横に細長い板状で内部が中空の胴に、13本の絃を渡して柱(じ)を用いて張り音程を調節し、奏者の右手に嵌めた爪(義甲)によって絃をはじいて音を出し演奏する楽器である。
箏は桐の木のくり抜いた箱状の構造で上部はアーチ状であり底部には板が張られており13本の弦を有する<ref name="digital14">{{Cite book |和書 |author=長谷川慎 監修 |title=ヤマハデジタル音楽教材 箏授業 |page=14 |publisher=ヤマハ株式会社 |year=2017 }}</ref>。13本の絃は柱(じ)によって音程が調節されており、奏者の右手に嵌めた爪(義甲)によって絃を弾いて音を出す。
 
長さは生田流の本間(ほんげん)と呼ばれる高級なものが6[[尺]]3[[寸]](約190cm)、山田流が約6尺(約182cm)である。その他これに前後する長さのものが多数あったが、現在では学校教育用の箏を除けば大部分が山田流の箏である。
 
雅楽の楽箏は両絃と呼ばれるもののうちの一つ(もう一つは[[楽琵琶]])で、管絃や催馬楽で用いられる(舞楽では通常用いられない)。
 
[[画像:Koto (sou)-ryubi.jpeg|thumb|龍尾と糸]]
* 主要産地は広島県[[福山市]]である(全国生産量の7割を生産)
 
=== 絃(糸) ===
=== 柱(じ) ===
[[画像:Koto (sou)-ji.jpeg|thumb|柱]]
柱(じ)は他の弦楽器でいう[[駒 (弦楽器)|駒]]、ブリッジで、糸を支え音高を定め、振動を胴に伝える部品である。筝柱ともいう<ref name="digital14" />。楽箏のものは小さく低いが、大音量を求める近代のものは大型になっている。補助的に小型の柱や、最高音弦用の脚部に変化を加えた柱、その他倒れにくくしたりするために工夫が施された特殊な柱なども種々使用される。材質は古くは唐木が多かったが、現在では[[象牙]]製が最高とされる。しかし大変に高価であるので、現在は合成樹脂製のものが広く用いられている。その他、以前は[[クジラ|鯨]]骨製のものもしばしば使用された。古いものでは美しい[[蒔絵]]が施されたものもある。
 
== 近代以降に改良された楽器 ==
ちなみに[[大正琴]]は発音原理が琴(きん)に属する楽器のため、ここで扱う箏とは基本的分類において異なる。
 
== 主要産地類似の楽器 ==
* 広島県[[福山市]](全国生産量の7割を生産)
 
== 日本国以外の類似楽器 ==
中国の撥弦楽器のうちツィター属のものだけでも時代、地方、様式により多くの種類がある。一般的には(zhēngチェン)と呼ばれる楽器が箏を指す。(字は同じ「箏」の字,但し、簡体字では、「筝」)
現在、伝統音楽に広く使用される物は、古箏([[古筝]]グーチェン)とよばれる。また、琴柱のない[[古琴]](gŭqínグーチン)という楽器も広くつかわれている。
 
箏は楽器分類上ツィター属に含まれることもあり、ヨーロッパでの類似楽器としては[[ツィター]]が挙げられる。ツィターはヨーロッパの楽器としては一般的なほうではなく、アルプス地方の民俗楽器(特に[[オーストリア]])として扱われている。他に、[[フィンランド]]の民俗楽器[[カンテレ]]も類似楽器の一つに挙げられる。
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 外部リンク ==
* [http://www.seiha.jp/ 財団法人正派邦楽会]
* [http://fuyuki52.com/ 世界で一つだけの文化-筝 筝奏者榎戸二幸のページ]
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
{{和楽器}}
8

回編集