「ガンマ線天文学」の版間の差分

m
→‎概要: 単位
m (Eepees (会話) による版を Takak 000 による版へ巻き戻し)
m (→‎概要: 単位)
== 概要 ==
[[ガンマ線]]は、[[X線]]より短い波長領域の[[光]]([[電磁波]])の総称である。発生機構、物質の相互作用はエネルギーと伴に変化する。そのため、波長毎によって区分けされた領域毎に観測装置も異なる。観測天文学的には、ガンマ線を次のように区分けしている。
# 硬X線に区分される領域に相当する100Kev(100keV(キロ電子ボルト)領域
# 電子 - 陽電子の対消滅や原子核の励起状態からのラインスペクトルに相当するMev(MeV(メガ電子ボルト)領域
# 100Mev100MeV以上、100Gev100GeV以下の領域は、高エネルギーガンマ線と呼ぶ。
# 100Gev100GeV以上の領域は、超高エネルギーガンマ線と呼ぶ。
 
なお、発生機構としては、3以上は[[銀河]]核内での[[超新星]]爆発や[[ビッグバン]]など宇宙規模クラスの現象でないと生じない。