「爆発卵」の版間の差分

編集の要約なし
'''爆発卵'''(ばくはつたまご)とは、[[電子レンジ]]で殻のまま加熱してレンジ内で破裂したする[[鶏卵|卵]]、またはレンジ内では破裂・[[爆発]]していなくても、黄身が外気にさらされれば同様の爆発を起こす状態の卵の俗称である。{{要出典|date=2017年4月}}
 
== 概要 ==
 
ところが、破裂する前に取り出された場合にも、白身に包まれた内部には100[[セルシウス度|℃]]を超えても[[沸騰]]せずに残留している水分が存在しているため、殻むきの際や[[口]]に運んだ時に黄身が外気にさらされれば同様の爆発が発生することになる。こうした現象は殻をむいた状態の[[ゆで卵]]の再加熱においても発生するほか、[[圧力鍋]]による加熱、ごくまれではあるが通常の[[鍋]]による調理によっても起こることがある。
 
電子レンジでゆで卵を調理する際、卵を破裂させないためには、卵内部の温度を100℃以内に保てば良い。{{要出典|date=2017年4月}}このため卵を[[アルミ箔|アルミホイル]]で包んでから水の入った[[コップ]]などに入れてゆで上げる方法{{要出典|date=2017年4月}}も存在するが、アルミホイルが[[電磁波]]を受けると[[発火]]する危険性があることや、必ずしもこの調理法で作ったゆで卵が破裂しないとも言い切れないため、専用の[[調理器具]]を用いる場合を除いては決して行わないこと。
 
また、殻が付いたままの[[銀杏]]や[[クリ|栗]]、薄い膜で覆われている[[イカ]]、[[ソーセージ]]などでもこうした破裂が発生する恐れがあるので、電子レンジで調理する場合は、殻をむくなり切れ込みを入れるなりして、[[蒸気]]を逃がす必要がある。