「バルトリン腺」の版間の差分

編集の要約なし
| 動脈=[[外陰部動脈]]
| 静脈=
| 神経=腸骨鼠径神経
}}
'''バルトリン腺'''(バルトリンせん、{{lang-en-short|Bartholin's gland}})は、'''大前庭腺'''とも呼ばれ、女性の膣口の左右に一対存在する[[分泌腺]]である。粘液('''バルトリン腺液''')を分泌し、[[膣分泌液]]と混ざり、[[性行為|性交]]時の潤滑さを促進する。
 
バルトリン腺は、男性の[[カウパー腺]]に相当する。バルトリン腺の袋は会陰の比較的浅いところに存在する。対して、カウパー腺の袋はそれよりも深い位置に存在する。
匿名利用者