「ロバート・ジョンソン」の版間の差分

m
style
(出典提示情報の不的確な除去のためJrr~jawiki (会話) による ID:70579061 の版を取り消し)
タグ: 取り消し
m (style)
[[アコースティック・ギター]]一本でブルースを[[弾き語り]]して、アメリカ大陸中を渡り歩いた。当時の聴衆はギターのテクニックが巧みなのに驚き、「十字路で悪魔に魂を売り渡して、その引き換えにテクニックを身につけた」という[[伝説]]が広まった<ref>http://www.openculture.com/.../the-story-of-bluesman-robert-johnso...</ref>。これがジョンソンにまつわる「'''クロスロード伝説'''」である。
 
[[1936年]][[11月]]、[[テキサス州]][[サンアントニオ]]で初めてのレコーディング・セッションに臨み、3日間で16曲をレコーディングした。[[1937年]][[6月]]には二度目のレコーディングのために[[ダラス]]に赴き、13曲を残している。生涯に残したレコーディングは、この2回の合計29曲(レコディングは59残したが現存するのは42テイク)だけである。
 
翌1938年8月16日、27歳で死去。その死因については「ダンスパーティーで知り合った人妻と不倫をしたため、夫により飲み物に[[ストリキニーネ]]を盛られて[[毒#利用|毒殺]]された」、「人妻との情事を夫に目撃され、その場で刺殺された」など諸説あり不明である。ジョンソンの妹は病死だったとしているが、上記のクロスロード伝説では、ジョンソンの命を奪ったのは悪魔であると語り継がれている。また、亡くなったミシシッピ州[[グリーンウッド (ミシシッピ州)|グリーンウッド]]の役場に提出された[[死亡届]]には、死因に「No Doctor」とだけ記載されており、この事も謎めいた推測を増長させる要因となっている。ちなみにその年の暮れ、その事実を知らなかったプロデューサーの[[ジョン・ハモンド]]が[[カーネギー・ホール]]での開催を予定していた「スピリチュアル・トゥ・スウィング・コンサート」にジョンソンを出演させるため、捜し回ったというエピソードが残っている。
[[2011年]]には、『The Complete Recordings』をリマスターして、『The Complete Recordings』に未収録だった「Traveling Riverside Blues」の別バージョンも収録した『The Centennial Collection』がリリースされた。『The Complete Recordings』と比較するとノイズが増えたが、音質が向上した。
 
ジョンソンは他に1人の息子をもうけており、[[孫]]は今もヘイズルハースト近郊に住んでいる。
 
== ディスコグラフィー ==
* [[ジャック・ウォマック]]の[[小説]]『[[テラプレーン (小説)|テラプレーン]]』では、過去の地球に似た「もう一つの世界」が登場する。そこでは、[[1939年]]になってもロバート・ジョンソンが生きており、彼が[[ニューヨーク]]の[[ハーレム (ニューヨーク市)|ハーレム]]でライヴをするシーンがある。この小説のタイトルも、ジョンソンの曲「[[テラプレーン・ブルース]]」からとられている。
* [[エリック・クラプトン]]は、若い頃から何度もジョンソンの曲を採り上げてきており、[[2004年]]には全曲ジョンソンのカヴァーから成る『[[Me and Mr. Johnson]]』を発表。『The Complete Recordings』には上記の[[キース・リチャーズ]]と共に寄稿している。
* [[ウォルター・ヒル]]監督の映画「[[クロスロード (映画)|クロスロード]]」は、ロバートジョンソンと十字路の伝説をモチーフにしている。
* [[平本アキラ]]の漫画『俺と悪魔のブルーズ』はロバート・ジョンソンをモデルにしたRJが主人公となっている。
 
 
== 脚注 ==
{{Reflist|2}}
 
== 外部リンク ==
*{{allmusic|id=mn0000832288}} {{en icon}}
 
{{Normdaten}}
 
{{DEFAULTSORT:しよんそん ろはあと}}
[[Category:アメリカ合衆国のギタリスト]]